FC2ブログ

2010年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2F 12畳和室の襖リフォーム

すっかり暖かくなって、新緑の季節を迎えてますね~。
GWを挟んでたので、久しぶりの更新です。

今年のGWはしっかり楽しんで参りました。
その様子はコチラ ⇒ ちゅりとこのまち。
てんこ盛りって感じです。まだ全部アップ出来ないですけどねっ。


さてさて。
今日は、2F 12畳和室の襖リフォームについて書きたいと思います。

2Fの12畳和室と言えば、畳からフローリングにして、壁は漆喰にした場所です。
天井や床の間も木目だったものから、白にしたんですよね~。


で、ずっと押入れの襖は手付かずだったんです。
”いつかしたい、いつかしよう”と思って早1年。みたいな。

丁度、お客様が来てくれることになったので、3月の終わりに実行に移ったのです。
フローリングに和の襖じゃ、さすがに変だなーって思って。


Beforeはこちら!・・・と行きたいところなんですがッ。
探せど探せど、真正面から撮った写真がない!
ずっと手付かずで置いてたはずなのに、撮ってなかったんです~。うぅ。

それでもなんとか探して、ニュアンスだけは伝わる写真を・・・

1005-01.jpg
奥の方にチラッと見えてます。分かりますかぁ~。
思いっきり和室だったので、襖も立派な和柄でした。


この押入れの上には、

1005-02.jpg
ちゃーんと天袋もあります。収納力バッチリなんです。
さすがに柄は入ってないですが、ちょっとシミが出ておりました。


さて、これをどうするか。
理想では、左側にあるクローゼット部分だけ開き扉にして、他は横開きでも・・・。
と考えてたんですが、クローゼット部分が襖一枚分あるわけではないんですよねぇ。

いろいろと考える時間もないし、とりあえずは白く!←すぐこれに辿り着く。
そのまま白に塗ってもかわいくないので、薄いベニヤを貼り付けて塗ることにしました。

1005-03.jpg
こんな感じで。

このベニヤ切りが結構大変なんですよね~。
切ったベニヤはボンドで貼り付けて行きます。
貼ったら重石を置いておかないと、すぐに浮いてしまうので注意が必要です。


この作業中の写真も・・・ないんですよねぇ。(汗)
自分が作業に没頭してる時は特に。ペンキ塗りの時とか、軍手外さなきゃですし・・・。


ということで、一気に飛んでAfter写真と参ります。
結局は、”押入れの襖を白くした”ってだけなので、洋でも和でもない感じ。
中途半端~な感じですが、まあいっか!

1005-04.jpg
でも、前よりはいいよねッ。
茶色がかった襖だったので、白にしたら明るくなった♪
これはこれで、壁と調和していいのかも。


1005-05.jpg
引き手はホームセンターで売ってる安いモノを使いました。
あまり人が見る場所でもないし、立派なのを使う勇気がなかったというか・・・。


1005-06.jpg
木枠の部分をウォルナットで塗ってたので、
ちょっと浮くかなー?って心配だったんですが、完成してみればそうでもないかも。

白にしたら白にしたで統一感あっていいんだろうけど、
まぁあまり気にならないので、しばらくはこのままでOKということになりました。


やっと、2Fの和室が完成したって感じです。
あ・・・でもあと床の間をどうにか利用したいんだった・・・。
まぁまだ案も浮かんでこないので、とりあえず完成!で。

今年の10月で住み始めて2年なんだなぁ。
確実に自分達の家になってきてるけど、まだまだいじり甲斐のある家です。



スポンサーサイト

| 2F和室 | 15:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

自分用ワンマザーズバッグ完成。

GW前に、旅行のためにと作った自分用ワンマザバッグ。
自分用って、去年の夏に作った以来だったり。

大改良をした後なので、ここは1つ自分用も持っておかないと!
ってことで、作ることにしました。


1005-07.jpg
この度、新しく花柄の布をたくさん購入したので、
その中でも自分のお気に入りの柄で作ってみました。

ショルダーヒモは取り外し可能。
サイズは今までよりもひと回り大きいLサイズ。(今の所)


提げた感じは、

1005-08.jpg
こんな感じです。

パッと見た感じ、今までのバッグとさほど変わりはないんですが、
細かく見ると、タックの入れ方が変わってたり。


あと、一番変わった所は、

1005-10.jpg
接着芯をキルト芯からバッグ用の硬芯に変えました。
”硬い”と言っても、そんなにパリッパリではありません。


でも写真で見てもらっても分かるように、

1005-09.jpg
キルト芯は挟んでただけなので、使い込むとよれてしまってたんですが、
今の芯はピタッと布に貼り付いてるので、あまりシワがよらないんですね~。


ずっと、ゼロからバッグを作り上げていく上で、接着芯の問題って大きかったんです。
そもそも、手芸素人の私は『接着芯』の存在すら知りませんでした。

初めて買った接着芯は薄過ぎて、しかもピタッと貼りついたと思っても後から浮いてしまう。
分厚いのはどうか?と買ってみたら、厚過ぎて縫いにくい。
さらに縫ってる間に、布から浮いてしまう・・・。

結構、素人なりにいろいろと勉強して、検索して格闘してました。

そんな中で出会ったのが、キルト芯。
接着キルト芯と普通のキルト芯を駆使して、出来上がったのが前作なのです。


一時は、キルト芯の風合いが好きでこのまま行こう!と思ってたのですが、
やっぱり段々嫌になっていくんですよね~・・・。

”これじゃダメだ。”って。

そして、いろんなブログを参考にしつつ、検索しまくって見つけたのが今の接着芯です。
アイロン接着後も浮きにくく、接着も力を入れなくてもすぐ貼れて、
使用感が全く今までの接着芯と違ってました。もう感動。その一言でしたね~。


・・・てな感じで、
ド素人な接着芯物語を経て出来上がったバッグだったりするのです。

中は今まで通り、5つのポケット付けてます。

1005-11.jpg

1005-12.jpg
サイドのポケットなんて、
言ってしまえば同じサイズで同じ形でも、同じ機能を果たします。
でも、違うサイズ・違う形にしてるのは、私のこだわりだと笑ってください。(笑)


荷物を入れたら、

1005-13.jpg
こんな感じ?

A4サイズの本はらくらく入ります。
カフェマットも60×40サイズのモノを四つ折したらピッタリ♪
財布とおもちゃを入れましたが、まだまだいっぱい入る余地ありますよ~。

ティッシュポケットには、大判ペットシーツが1枚なら入ります。
もう少し横に大きくしたら、もっと入るかなぁ~。
でも、ペットシーツって大体1枚持ってたら1日はクリア出来るかなッ。


前作に比べると、自立するか?って聞かれたらNOですね~。
今までよりちょっぴりクタッとしてるバッグになりました。

ショルダーヒモをDカンで取り付けにしたので、
Dカン+ナスカンの重みで両端はクタッと曲がってしまうくらいです。

でもなんか、そのクタッと感が肌に馴染む感じで逆に良かったり。


久しぶりに自分用のワンマザバッグが出来たので、ちょっぴり嬉しいッ。
お揃いでいろいろと作ったので、それは次回ご紹介しますね~。

| マザーズバッグ | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。