FC2ブログ

2011年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年03月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢は叶う。

お久しぶりな更新にはテンプレの変更がつきものになりました。
ご無沙汰しております。

また、こんなおサボリ状態のブログに足を運んでくださっている方々、
本当に本当にありがとうございます。
びっくりするくらい、カウンターが回ってたりしてニタニタしてます。
・・・じゃあ更新しろよぉー!と自分に突っ込まれ、久しぶりの更新です。

2011年初の更新かぁ。
最後の更新は10月だもんなぁ・・・。
いっぱい更新したいことはあったのですが、なんだかんだで後回し。
反省しております。猛省です、ホント。


さて。
更新していなかった間、私にとってすごいことが起こっていました。
タイトル通り、ずっと心の奥にあった密かな夢が、ひとつ叶ったのです。

DIYリフォームを開始して、ブログを更新しつつ、
本当にちょこっとだけど私の中で抱いてた夢。

・・・それは、インテリア雑誌に掲載されること!


1102-01.jpg


ということで、
現在発売中の『Comehome! Vol.23』(主婦と生活社)に我が家が掲載されています。
巻頭特集の『私たち春の模様替え計画進行中!』のcase3として載せて頂きました。

お話を頂いたのは、去年の11月下旬のこと。
何もかも初めてのことで、
”我が家なんかでいいのかなぁ~。”
”ちゃんと期待にお応え出来るのかなぁ~。”
って、自分の中での葛藤もあったのですが、
私の人生のテーマ『やるだけやっちまえ!』に背中を押してもらい、実現出来ました。

『Comehome!』と言えば、私の教科書のようなもの。
模様替えやリフォームを考える時に、いつも片手に持っていた雑誌です。

そんな大好きな雑誌に我が家が載ってるなんて~。
嬉しい反面、雑誌で見るとゴチャゴチャしてるのがよく分かったりして、
今後の課題も出来ました。

お話をくださったライターさん、撮影をしてくださったカメラマンさん。
本当に感謝しております。ありがとうございました。


そんな感じで過ぎた2010年。
2010年は、私にとってすごくすごく大事な年になりました。
夢のような出来事が多すぎて・・・。

なので、2011年は2010年にもらったパワーを活かせるように、
家作り、ハンドメイド、いろーんなモノ作りに注いでいきたいと思います。

もちろん。
ブログ更新も、去年よりは頑張るつもりでございます!
遅~い新年のご挨拶となりましたが、今年もChumRinをよろしくお願いします♪
スポンサーサイト

| 日記 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

珪藻土⇒漆喰 ①

随分前にしていたリフォームも、書き損ねてたものがたくさんあるので、
これを機にアップしていこうと思います。

リフォームはBeforeAfterが記録出来れば充分と考えているので、
時期や時間は気にせずに読んで頂けたら嬉しいです。

・・・実際、1年半前くらいのを更新しますので・・・。


----------------------------------------------------------------


【2009年9月22日~24日にかけてのリフォーム】

今回のターゲットは、1Fの元和室。
4.5畳と6畳の続き間になっていて、アトリエとして使っている部屋です。

最初のリフォーム時に、壁紙を全部剥いで珪藻土を塗ったのですが、
4.5畳の部屋の壁に雨漏りがあり、湿気を含んだ珪藻土にカビが生えてしまったのです。
1102-02.jpg
こんな感じに・・・。

このままではいかん!と、
始めはカビた部分だけ剥いで上から珪藻土を塗ろうと思ってたのですが、
珪藻土の独特な臭いと、真っ白ではない暗さが少しずつ気になり、
白にしたいな~と思ってたところだったので、思い切って全部塗り替えることにしました。

上から塗料を塗るだけじゃ、意味がないと思い、
そこは塗り壁にこだわって漆喰クリームを選びました。


ではまず、部屋の各壁のBefore。

1102-03.jpg
私の作業台前の壁。

1102-04.jpg
6畳部屋の陳列棚を付けた壁。

1102-05.jpg
6畳部屋の窓の壁。

写真ではあまり分かり難いんですが、ベージュっぽい珪藻土だったので、
全体的に暗いのです。


全体のマスキングが完了したら、
1102-06.jpg
なるべく平らになるように、コテ跡部分を削っていきます。
本当は全撤去した方がいいんだと思いますが、素人2人じゃそれは無理だったので、
そこは妥協しております。

でもカビが生えてた部分はアルコールを塗布しながら念入りに削って、
少しでもカビとおさらば出来るようにしました。


平らにする作業が終わったら、下地塗りです。
1102-07.jpg
初めのリフォームの時と同様、天然スイス漆喰の『カルククリーム』を塗るので、
その下地剤の『ミネラル下地剤』を塗っていきます。

塗る前に、
1102-08.jpg
よーく攪拌します。
この下地剤は骨材入りなので、その骨材が下に溜まってるので念入りに。
この骨材がいい仕事をしてくれるのです~。

攪拌が終わったら、
1102-09.jpg
ローラーで塗っていきます。
ローラーって便利なんですが、結構手が疲れるんですよね~。
力いっぱい握って塗るから、親指にタコが出来ちゃったり。

でもセイちょんと力を合わせて、
1102-10.jpg
なんとか塗り終わりましたぁ~。


下地が乾いたら、カルククリームを塗っていきます。
もう少し写真があるので、2回に分けますね~。

| 1F和室 | 11:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

珪藻土⇒漆喰 ②

1Fアトリエの珪藻土⇒漆喰塗り替えリフォーム①の続きです。


下地剤の塗布が終わり、少し乾燥時間を置いて、
1102-11.jpg
次はカルククリームを塗っていきます。

いつも思うんですが、本当はカルクウォールを塗りたいんです。
本当の”漆喰”というやつです。
キレイなコテ跡も付けれるし、そっちの方がいいのも分かってるんです。
でも、どうしてもコストが掛かり過ぎちゃって・・・貧乏には辛いのです。

なので、寝室を除いて我が家の塗り壁はすべてカルククリームにしています。
いやいやっ、このカルククリームもすごくいい性能なんですよ~!
漆喰と同じ働きをしてくれますしね♪

ただ、コテで塗ってもコテ跡がつき難い(本来はローラーやハケで塗る)ので、
そこは自分の中でどちらかを選ぶしかないんですよね~。
まぁ私はクリームでも充分満足出来たので、リピートしてるわけですが。


あ・・・漆喰塗り作業は私も熱心に頑張ったので、写真が・・・。
どうしても手が汚れちゃうので、カメラを持てなかったというのが正直な所。
なので、一気にAfter写真に飛んじゃいます。

これは乾燥中の写真です。
1102-12.jpg
6畳部屋の入口側の壁。
塗り替えるまでは、入口の左右にある柱?部分だけ真っ白に塗装していて、
ベージュと白だったので、そこだけ浮いてたんですが・・・それがなくなりましたね♪

1102-13.jpg
6畳部屋から4.5畳を撮影。
んー・・・どれだけ変わったか分かりませんねぇ。

このBeforeの写真が比べ易いかなっ?
1102-16.jpg
Beforeの方は天井と壁の色が少し違います。
Afterはどちらも真っ白!

写真だと劇的に変わってないですが、実際にこの部屋に居ると、
全く光の反射具合が違って、明るさが全然違うのです~。


乾いたら、マスキングを取って、床を雑巾掛けして終了。
1102-14.jpg
壁が真っ白になったことで、床の茶色がもっと引き締まった感じ!
やっぱり真っ白最高ッ。

1102-15.jpg
作業台前の壁も、真っ白くなりました。

ほんのり、珪藻土時代のコテ跡が残ってるので、
あまりコテ跡のつかないカルククリームでも、
1102-17.jpg
しっかりコテ跡が出ました~。
これはこれでアリですねっ!


といった感じで、カビ発生事件から思い立っての漆喰塗り替え終了。

最初から漆喰塗っていればまた違ったんでしょうが、
雨漏りが分かったのも、珪藻土を塗ったから?と信じております。
失敗は成功のもと!DIYはそれが大切なのです。

ちなみに雨漏りの原因は、外壁の横クラックでした。
そこはその道のプロ(私の父:元防水屋)に見てもらい、
その道を少しかじった弟子(セイちょん)が施工するという連係プレイ。
今のところ雨漏りはありません。


壁・床・天井はもうこれから変わることはないかなぁ。
あとは家具の模様替えを楽しみたいと思いま~す。

| 1F和室 | 13:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

棚を付ける。

前々から気になってた部分の棚設置をやっと実行出来ました。
今回は2ヶ所。

1ヶ所目は、2年前フリマで500円で購入したミシンの・・・
1102-21.jpg
この隙間。
ミシンが収納出来るようになっていて、収納したらフタになる部分なんですが、
いつもミシンは外に出てる状態なので、ここを何とかしなければ!と。

まずは薄っすらと何を入れるか考えつつ、材料調達へ。
いつものSPF材を各種購入して、サイズ別に切り、先に色塗り。

あとはどんどん組み立てていくだけです。

1102-22.jpg
まずは角材の足をつけます。
もう取ることはないと思うので、上からビスで固定しました。

1102-23.jpg
ミシン側にも棚受けになる角材を取り付け~。

その上に、
1102-24.jpg
SPFを敷き詰めていきます。
奥行きは5枚分です。

雑誌を入れる本棚にしたいので、
1102-25.jpg
2段目はこのくらいで取り付けました。
切って塗ってをしてあれば、ほんとアッという間に出来ちゃいます。

そして出来上がりは、
1102-26.jpg
こんな感じ。
まさにスペースの有効活用ですねっ!

今現在は、
1102-27.jpg
こんな感じで、上の段には雑誌を、下の段には収納BOXを置いてます。


続いて2ヶ所目~。
2ヶ所目はキッチンカウンターの裏側に設置です。

1102-28.jpg
このスペースに取り付けます。

これも先に木材を切って、白に塗っておいたので、あとは取り付けるだけ。
1102-29.jpg
ちょっと狭い場所なので、セイちょんが一人でやってくれました。
私は専ら撮影担当。(笑)

ここにはニャンコのご飯や、キッチン電化製品を置きたいなぁと考えてたので、
1102-30.jpg
2段にしてもらいました。
うんうん、程よく奥まってて電化製品置いても目立たない!

家族にニャンコが増えまして、ニャンコご飯の置き場がなかったんですよね~。
1102-31.jpg
これでカウンターの上もスッキリしました♪


今回はただ棚を付けただけですが、一番実用的だったりして。
収納が増えるのは嬉しいことですもんね~。

| 家具 | 14:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

キャット壁タワー

去年の9月に、我が家に新しい家族が加わりました。
近所に生まれた野良子猫。

最初は1匹だったんだけど、その1ヵ月後くらいにもう1匹保護。
結局、猫は2匹で育てると楽というアドバイスを受け、2匹とも我が子に迎えました。


まだ子猫のうちは、置いてある雑貨をなぎ倒しながら遊ぶし、
観葉植物や飾っているお花も、猫には毒性のあるものがあったりするので、
行動出来る範囲を限定して、2人で遊ばせています。

・・・が、遊び盛りの子猫ちゃん。
そりゃーもう、めちゃめちゃ遊ぶんですよ。パワフルに。

一応、今は2Fの趣味部屋だった6畳洋室を完全に猫部屋にして、
家具はほとんど取っ払い、極力何もない部屋にして、自由に遊ばせてる状態なのです。


で、キャットタワーを設置してあげたら喜ぶだろうなぁ~って、
いろいろなキャットタワーを見てみたんですが・・・高いッ!

・・・と、こうなったらどうにか作れないかと考えてしまうのが我が家です。

とりあえず、壁は一面空いてるので、そこを利用して出来ないかなぁと、
なるべくお金は掛けないように、今までのDIYの端材ですべて作ることにしました。


キャット壁タワーにするのは、
1102-32.jpg
この一画。
窓の横の角になります。

納屋にずっと放置されていた使い道のなかった端材に、
1102-33.jpg
L字金物を付けていきます。
まだ3ヶ月の子猫の頃だったので、これくらいの大きさのL字でいけますが、
現在6ヶ月・・・そろそろ強度をアップしなければなりません。。

1102-34.jpg
どんな風に設置したら楽しいかなぁ~と考えつつ、
とりあえずは階段状に小さい板を設置していきます。


その頃ニャンコは、
1102-35.jpg
木の端材で遊んでました~。


とりあえず適当に・・・どんどん設置していき、
1102-36.jpg
キャット壁タワー完成!
制作費はL字金物のお金のみー!安い安い♪


早速、ニャンズに上がってもらい、
1102-37.jpg
様子を窺ってると、なかなかの反応。

1102-38.jpg
どうも、初めまして。
左:りお(♀)、右:ちお(♂)の兄弟猫です。

もう今は6ヶ月なんで、もうかなり大きくなってます。
この頃はこんなに小さかったんだなぁ・・・。


その後、キャット壁タワーも気に入ってくれたみたいで、
お昼寝する時に登ったり、2人で追いかけっこする時にドタドタドタと登ったり、
わりと楽しそうに活用してくれてます。

かわいいインテリアには程遠いけど、
かわいい我が子のためなので、今はこの部屋はこれでOK!

| 2F洋室 | 15:21 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。