FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

珪藻土⇒漆喰 ②

1Fアトリエの珪藻土⇒漆喰塗り替えリフォーム①の続きです。


下地剤の塗布が終わり、少し乾燥時間を置いて、
1102-11.jpg
次はカルククリームを塗っていきます。

いつも思うんですが、本当はカルクウォールを塗りたいんです。
本当の”漆喰”というやつです。
キレイなコテ跡も付けれるし、そっちの方がいいのも分かってるんです。
でも、どうしてもコストが掛かり過ぎちゃって・・・貧乏には辛いのです。

なので、寝室を除いて我が家の塗り壁はすべてカルククリームにしています。
いやいやっ、このカルククリームもすごくいい性能なんですよ~!
漆喰と同じ働きをしてくれますしね♪

ただ、コテで塗ってもコテ跡がつき難い(本来はローラーやハケで塗る)ので、
そこは自分の中でどちらかを選ぶしかないんですよね~。
まぁ私はクリームでも充分満足出来たので、リピートしてるわけですが。


あ・・・漆喰塗り作業は私も熱心に頑張ったので、写真が・・・。
どうしても手が汚れちゃうので、カメラを持てなかったというのが正直な所。
なので、一気にAfter写真に飛んじゃいます。

これは乾燥中の写真です。
1102-12.jpg
6畳部屋の入口側の壁。
塗り替えるまでは、入口の左右にある柱?部分だけ真っ白に塗装していて、
ベージュと白だったので、そこだけ浮いてたんですが・・・それがなくなりましたね♪

1102-13.jpg
6畳部屋から4.5畳を撮影。
んー・・・どれだけ変わったか分かりませんねぇ。

このBeforeの写真が比べ易いかなっ?
1102-16.jpg
Beforeの方は天井と壁の色が少し違います。
Afterはどちらも真っ白!

写真だと劇的に変わってないですが、実際にこの部屋に居ると、
全く光の反射具合が違って、明るさが全然違うのです~。


乾いたら、マスキングを取って、床を雑巾掛けして終了。
1102-14.jpg
壁が真っ白になったことで、床の茶色がもっと引き締まった感じ!
やっぱり真っ白最高ッ。

1102-15.jpg
作業台前の壁も、真っ白くなりました。

ほんのり、珪藻土時代のコテ跡が残ってるので、
あまりコテ跡のつかないカルククリームでも、
1102-17.jpg
しっかりコテ跡が出ました~。
これはこれでアリですねっ!


といった感じで、カビ発生事件から思い立っての漆喰塗り替え終了。

最初から漆喰塗っていればまた違ったんでしょうが、
雨漏りが分かったのも、珪藻土を塗ったから?と信じております。
失敗は成功のもと!DIYはそれが大切なのです。

ちなみに雨漏りの原因は、外壁の横クラックでした。
そこはその道のプロ(私の父:元防水屋)に見てもらい、
その道を少しかじった弟子(セイちょん)が施工するという連係プレイ。
今のところ雨漏りはありません。


壁・床・天井はもうこれから変わることはないかなぁ。
あとは家具の模様替えを楽しみたいと思いま~す。

スポンサーサイト



| 1F和室 | 13:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://chumrin.blog116.fc2.com/tb.php/118-c746aa6f

PREV | PAGE-SELECT | NEXT